生き物と共に生活するに関して、奴らからもらう愛の意味

動物好きな人にとって、動物と共に生活する一生は憧れです。私も動物が好きで、小さい時から生計の中には何か動物がいるという情況で育ってきました。それは犬だったり、ハムスターだったり、うさぎだったり。その時によって一緒の動物は変わりましたが、それぞれに違う魅力を与えてくれました。
動物好きに無限に魅力を与えて得る動物ですが、近年捨てられたり、殺対処されたりやる動物が増えていることを耳にします。動物を存在と間違いし、思い通りにならないことを解ると投げ棄てたり、保健所に対処を依頼したり講じる無責任なヒューマンが増えている状態をわかり、切ない気持ちになります。
そこで、動物と共に生活するときに忘れないでほしいことがあります。それh動物の愛の理由です。
例えばペットの代名詞・犬。連中は一般的にオーナーに忠実でともかくヒューマンに寄り添おうとする、癒しの代表のように思われています。だが実際の連中はというと、キッズの頃は必ず悪戯で、かじってはいけない点をかじったり、走り回っていろんなところにぶつかったり、物に興味を持って落としたし薙ぎ倒したり。「癒し」は真逆の「崩壊神業」とでも言う所業です。でも、急に寝てあどけない寝顔を見せてくれるなど「癒し」の中身は満載です。だが、犬の魅力はこれだけではありません。如何なるレクリェーションにも一生懸命になる意図にだからこそ、近隣が見えなくてはたから見るとどうしても際立つ邪魔にぶつかったり、物を取ろうとして目測を誤ったり。こんな「スマイル」をくれたり、他の動物の気分に敏感な犬だからこそ悲しみに暮れるオーナーや一人ぼっちの他の動物に寄り添う「優しさ」を与えていただける。沢山の「愛」を我々に与えてくれるのです。
確かに動物は添加の気分以上に被害の気分をも与えてくれる事があります。でも考えてみてほしいのです。我々が与えた愛以上に動物から受け取る愛のほうが広く奥深いことを。何だか?それは動物にとって、私達世帯との世界が一律だからです。人類には世帯、事務所など、社会での世界があります。世帯だけが一律ではありません。但し、動物は一緒に過ごす世帯だけが連中の世界なのです。世帯だけが愛の適応なのです。それを忘れないでほしいと思います。タイプ別のお勧め脱毛サロン診断